沖縄病患者に効く沖縄病の処方箋
沖縄病患者に効く沖縄病の処方箋




沖縄県の特産品

沖縄県の特産品・ゴーヤ


沖縄の特産品ゴーヤ

はいさい!

沖縄病患者に効く沖縄病の処方箋の「From A」です。

夏と言えばゴーヤが旬の季節ですね!

        

ゴーヤと言えばやっぱゴーヤチャンプルーでしょう?

夏野菜の王様とも言えるゴーヤのこと皆さん知ってます?

ゴーヤとは・・・

夏野菜の王様ゴーヤの原産地は、熱帯アジアとされインドと言われているウリ科の1年生ツル草です。

和名を「ツルレイシ」と言い、内地(本州)では「ニガウリ」とも呼ばれていて、日本には江戸時代に渡来したと言われています。

ゴーヤの旬は6〜8月で、沖縄の夏野菜の王様として有名で、ゴーヤの特徴とも言える独特の苦味は、果皮に含まれるモモルデシンとい成分で、血糖値や血圧を下げる効果や食欲増進作用や整腸作用のあること言われていますし、ゴーヤ100g中に含まれるビタミンCは、レモンの約2〜3倍、キャベツの約4倍とも言われていますし、通常ビタミンCは加熱すると壊れてしまいますが、ゴーヤのビタミンCは、加熱してもほとんど壊れず残っており、紫外線によるシミ・ソバカスなどの予防や汗で体外に排出され不足しがちなビタミンCの補給に最適な野菜です。

また、ゴーヤには、β-カロチンやビタミンB1、カリウム、リン、鉄分などミネラル類も非常に豊富に含まれていて体のむくみをとり、疲労を回復効果もあり、暑い沖縄では、夏バテ防止に欠かすことの出来ない食材です。

とっても身体に良いゴーヤですが、独特の苦味が苦手って言う人には、ゴーヤから作った健康臍食品も販売されていますよ!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49962079
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。