沖縄病患者に効く沖縄病の処方箋
沖縄病患者に効く沖縄病の処方箋




沖縄県の特産品

沖縄本島北部・名護市勝山で新名物誕生?


はいさい!

沖縄病の処方箋by沖縄移住」管理人の島ないちゃ〜やいびぃ〜んexclamation×2

ゆたしくねぇ〜るんるん

沖縄本島北部・名護市勝山で新名物誕生?

沖縄本島北部・名護市勝山の名物と言えば、ヒージャーオラセーラ(闘山羊)と山羊肉とシークワーサーがですが・・・

その名護市・勝山から新たなる名物?となりそうな物が誕生したみたいです。

その新しく誕生し名物の候補となっているのが・・・

今年の6月より「ぐしけんファーム」が販売を開始したオキナワアイス!

このオキナワアイスだけど普通のアイスとはちょっと違うんですよ・・・

ヒジャーオラセーラ(闘山羊)と山羊肉が名物の名護市勝山らしくアイスの原料として使用しているのが山羊ミルクなんです。

フレッシュな山羊ミルクをベースに使用したオキナワアイスは、山羊ミルクの香りと味で地元でいま静かなブームになっているらしいです。

島ないちゃ〜は、ちょっとチャレンジする気にはなれないけど・・・

沖縄本島北部・名護市勝山に行く機会があったら興味のある方はチャレンジしてみる価値ありかもです。

沖縄県の特産品

沖縄県の特産品・ゴーヤ


沖縄の特産品ゴーヤ

はいさい!

沖縄病患者に効く沖縄病の処方箋の「From A」です。

夏と言えばゴーヤが旬の季節ですね!

        

ゴーヤと言えばやっぱゴーヤチャンプルーでしょう?

夏野菜の王様とも言えるゴーヤのこと皆さん知ってます?

ゴーヤとは・・・

夏野菜の王様ゴーヤの原産地は、熱帯アジアとされインドと言われているウリ科の1年生ツル草です。

和名を「ツルレイシ」と言い、内地(本州)では「ニガウリ」とも呼ばれていて、日本には江戸時代に渡来したと言われています。

ゴーヤの旬は6〜8月で、沖縄の夏野菜の王様として有名で、ゴーヤの特徴とも言える独特の苦味は、果皮に含まれるモモルデシンとい成分で、血糖値や血圧を下げる効果や食欲増進作用や整腸作用のあること言われていますし、ゴーヤ100g中に含まれるビタミンCは、レモンの約2〜3倍、キャベツの約4倍とも言われていますし、通常ビタミンCは加熱すると壊れてしまいますが、ゴーヤのビタミンCは、加熱してもほとんど壊れず残っており、紫外線によるシミ・ソバカスなどの予防や汗で体外に排出され不足しがちなビタミンCの補給に最適な野菜です。

また、ゴーヤには、β-カロチンやビタミンB1、カリウム、リン、鉄分などミネラル類も非常に豊富に含まれていて体のむくみをとり、疲労を回復効果もあり、暑い沖縄では、夏バテ防止に欠かすことの出来ない食材です。

とっても身体に良いゴーヤですが、独特の苦味が苦手って言う人には、ゴーヤから作った健康臍食品も販売されていますよ!

沖縄県の特産品

マンゴー


マンゴー


はいさい!

沖縄病患者に効く沖縄病の処方箋の「From A」です。

沖縄県の特産品マンゴー

みなさんご存知の「フルーツの女王」と評されているマンゴー

そんなマンゴーですがマンゴーを食べたあと口の周りが痒くなった経験ありません?

マンゴー食べたあと口の周りが痒くなる理由は・・・

マンゴー=学名(Mangifera indica L.)と言いウルシ科に属する植物だからなんです。

マンゴーの原産はインドからインドシナ半島周辺と言われていて、インドアッサム地方からチッタゴン高原が原産とされている単胚性(一つの種から一個体繁殖する物)と、マレー半島周辺が原産とされている多胚性(一つの種から複数の個体が繁殖する物)物の2種類と言われている。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。